とりとめもない話

「がんばればできる」を「相当無理しないとできない」って言う勇気っているとおもうのね

私は、「がんばります」が口癖になっちゃっているんです。

それは、「がんばればできる」ことがすごく多いからなんです。

逆に言うと、人よりも気張ってがんばらないとできない。
全く出来なくはないけれども、平均と比べて気力をかなり使う。
みたいな、そういう事柄が多い。

「がんばればできるなら、無理してでもやらなきゃ」という考えが、すごく植え付けられている感があります。
誰に言われたのかはもうわからないです。
全体的に、「そうでなくてはならない」という圧力がある気がする。

それで、いつの間にか「がんばります」が口癖になってゆきました。

また、私の中には、成果報告が必要になった際に「精一杯の努力をした」という経緯を強調することにより、実際には成果が上がらなくても許されるのではないかという甘えもあったと思います。

でもねー。
やっぱり最近、おもうなー。
それ、違うよなあって。

努力不要論っていうことでは、全く無くてですね。
努力は要ると思うんですよ。

ただ、「めんどくさいけれども多少は楽しい」みたいな、自分の望むゴールに向かっているワクワク感がある努力なら、ガンガン励むべきだと思うんですけれど。
これが感じられない、誰かから押し付けられた型通りの努力って、苦痛なだけじゃないのかなあ。

本当に、意味、あるのかなあ。

そこで、努力を最大限に活かすために必要になるのが、「逃げない」ってところで。
いや、心底嫌なことからは、逃げまくっていいと思うんです。
それはたとえば私なら、デッサンとか。「一般的な指標でちゃんとする」というところ。

ただね、

・今、自分はちゃんと過不足なき自分をやってるか。
・自分が自分をちゃんと全うするためにはこれをやるべきだとうっすら感づいていることに屁理屈つけてごまかして、逃げてやいないか。
・逆に、誰かに強制されたこと、社会的に優勢とされていることをなぞって努力のフリをして安心してやいないか。

こうしたことを、常に自分自身に問うて問うて問い続けてないといけないと思うんですよね。

自分の中にしか基準がないから、正解か不正解かも、自分で答えを出すしか無いんですよね。
甘ったれたかったら好きなだけ甘ったれることができる。
シビアにやりたかったらとことん突き詰めることができる。
そのすべてに「正解」「不正解」という答えがなくて、永久に、死ぬまで、迷路の中のまま。

でも、迷路なんだけれども、すごく楽しい迷路ですよ。
ひろくて、せまくて、行き止まりかと思ったらそれは道だったりして、上は下で、空はところてんとかで出来ていて、人生みな走馬灯で、次元も何もかんもおかしくなった、不可思議な世界。

でもそれって、元々それが実際じゃないです?
なんかこう、うーん、私今すごへんなこと言ってるなあ、なんかね、もともと人間が持っている感覚ってほんとうに遊動的な気がして、それを社会という型にはめて生きていて、そうやって生きるにはメリットとデメリットがあるんだけれども、その型に自分をうまいことはめられる人とはめられない人がいて、別の社会の型だったらうまくいったりして、うーん……

その遊動する自分の世界を、もう少し、自由にしてやってもいいんじゃないか? 合わない人同士は住み分ける形で。っていうのが、多様性だと思うんですよね。
「その型にはまれないならアンタはダメな人間だ」じゃなくて。

で、現実的な話に戻すと、例えば自分としては相当がんばらないとできない苦手な仕事「A」をしてくれないかと言われた場合に、「がんばります」って言うと、すごくいい人感が出るし、無理してでも合わせようとしてくれる努力家の個人として一定の評価はされると思うんです。
でも、それって長続きしないし、「合わない努力をしなければならない空気を強固にする、その片棒を担いでいる」とも言えるんですよね。

言える人からでいいんですよ、言える人から、「それは全く不可能ではないけれども、相当無理をして、自分の元々の型を捨てるくらいやらないと、不可能です。ですから『できない』譲歩しても『ただ一回限りなら特別に受け付ける』と捉えて下さい」って、言える人から言っていかないと、これから変わっていかないと思うんですよね。

もちろん、現実問題そんなこと言えない人もいると思うんですよ。圧力、けっこうなものだから。
そういう人はいったん無理はしないで、言える状況にある人から順番に。
でも、けっこう「そんなこと言えないと思いこんでる」っていう場合、ある。

なんかさ、「それは苦手です」っていう理由だけでその「自分にとっては無駄な努力」を避けることができる、それは誰かがやってくれるので自分が得意なことを精一杯やるだけでいい、という基盤ができたら、いいですよね。
それって不可能なの?
私は不可能だとはとても思えないんですけど。
とにかく楽をしようというずるい人はいるでしょうけど、そんな人はどんな社会になったって一定数いるでしょうし。

日本人の性に合ってるんじゃないのかなあ、「苦手なことは、それが得意な誰かに任せるという、集団行動」。

んーーーーー。
不勉強の状態で言ってますので、言ってること、へんかも。

よっぱらいを理由にしちゃいましょうね。
お酒だいすきですから。

おやすみ