とりとめもない話

自分、シロップ語り、いいすか

ここを読んでくださっている方の8割には既にもう説明不要だと思うのですが、私は、高校生の頃から「syrup16g」というスリーピースロックバンドが大好きなんですね。

私にとってシロップがどれほどまでに大きな存在であるか、私の語彙力で正確に語れるものかわかりませんが、トライしてみましょう。人生は挑戦だ。

私がsyrup16gと出会いましたのは、時期で言うとcoup d’Etatがリリースされた直後くらい。当時好きだった(いまもすき)バンプオブチキンを、同じく好きな人の中でsyrup16gも聴いているとおっしゃる人が多く、いいぞという噂が流れてきておりまして、知りました。

初めて買ったのはフリースロウでした。
ファーストから聴くのが手堅いかな、と思い、下調べして行ってたんです。

タワレコから家に帰り、そしてへっちょいへっちょいCDラジカセで、聴きました。

想像してみてください。
極論、バンプしか自発的に聴いたことがないといっても過言ではない16歳が、突如としてこのテイストの音楽に出会った衝撃たるや。

高校生のころの私は、たとえばポリスだとか、ジョイ・ディヴィジョンだとか、U2だとか、そういった有名どころのアーティストすら、聞いたこともなかったわけですよ。それどころか、存在すら知らなかったのです。

それまでに触れた音楽と言ったら、教育テレビで流れている曲、学校で習う教科書に載ってる音楽と、中学生の時に部活でやっていた英語ミュージカルの曲や賛美歌、くらいのものでした。
J-POPもさほど聴いておらず。テレビで流れている流行歌をサビだけはなんとなく口ずさめるかな、程度のことでした。

だから、私がミュージシャンをほめたところで全然ほめ言葉にはなってないんですけど。
でも、本当に私にとっては「今までに聴いたこともない、すごい新境地」だったのです、syrup16gは。

また、私はsyrup16gの歌詞という部分についても、これを無視することはとうてい出来ません。
それまで明るさや愛嬌を求められ、それに疑問もなく素直に応じて生きてきて、でもだんだんとそれだけでは生きられなくなってきて、心が綻び始めた思春期の私にとって、それは大きな大きな「容認」でありました。

こういう発露の仕方があるのか、感情を押し込めてニコニコ笑っていることが正義だと思っていた、違うんだ、悲しい気持ちもこんなに魅力的な作品に昇華する方法があるんだ、という、それはまごうことなき、希望でありました。

それからというもの、私の人生たるや、皆様もご存知のようにsyrup16g漬けでございます。

すきあらば「将来の夢は五十嵐隆です」とうそぶき、部屋で毎日ギターを弾き、当時のギターの師匠が「遊体離脱」と「Reborn」を耳コピしてくれて耳コピという概念を知ってからはもう全曲に迫ろうかという勢いで次々と不十分な耳コピを繰り返し、ファンサイトを立ち上げ、ライブに行ってはレポを書き。

勢い余って、特別進学コースの学級にいたにも関わらず大学にはゆかず、シロップのメンバーさんの真似をして音楽専門学校の音響科に進み、その後実際に音響を数年やり。

とちゅう、貧乏すぎてシロップを追えなかった時期がありましたが、めでたく再結成したころには比較的生活が安定していたので熱が再燃し、わたくしは今、ご覧の有様です。

特に私がイチオシのアルバムは「HELL-SEE」で、当時のインタビューで語られていた「シングルを出すタイミングだったけれども、曲ができちゃったのでアルバムにしちゃいました てへぺろ」みたいなエピソードも込で、本当に本当に大好きな一枚です。

いやでもマウスもいいんだよな、HURTもいい、フリースロウも、コピーもクーデもダルクもディレうわあああああああああああああああああ全部じゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

しばらくお待ち下さい。

お待たせいたしました。持ち直しました。

私は、これを言ったら全世界が指をさして笑うであろうたいへん身の程知らずな夢(というか個人的には現実的な目標のつもりなのですが)を持っています。
なんかちょっと前にTwitterに書いたような気もするんですけれど。

それは、syrup16gの皆様に、アーティスト・キノコファクトリーとして認められ、なんらかのアートワークを手がけさせていただくことです。

あともうひとつ、こっちは逆に目標と言うより夢なのですけど、syrup16gに演奏してもらって、私がボーカルで、自分の曲を歌うこと。

私はかつて、まあまあ本気で、「五十嵐隆になりたい」と思っていました。
まあ、当時高校生ですからね。それぐらいバカなほうが人生楽しいっすよ。

今はちがいます。
私は、私として、syrup16gと肩を並べてみたい。
とびっきりいい絵を描いて、そして「こりゃあ、いい絵だ」と言わしめてみたい。

本当はすごく肝っ玉が小さいので、「いつかきっと」という言葉を使いたいところですが、それを言ってしまうと目標は永遠に実現できないと私は考えているので、本当に身の程知らずを恥じますけどそれでも勇気を出して、そうではなく「もしもチャンスがあり、タイミングが合うなら、もう今すぐにでも」と言うこととします。

みっともないようでも、それが私の、アーティストとしての矜持と責任であります。

あのね、ほんっとうに、シロップがどんだけ私にとってでかい存在か、みんな知ってますでしょ、あのね、daimasさんが私のキノコファクトリーのアカウントまでフォローしてくださるっていうのが、私にとってどんなに、いったい何リットル涙が出るような出来事か、みなさま、想像つきますか。

あくまでもシロップファンとしてフォローしてくださったのでも、いいの。
仮にそうではなくて、アーティストと見てフォローして下すったのだとしても、大人のいろいろがあるでしょうし、いうても私は一介のファンに過ぎませんからね、上記の目標が本当には実現しなくたって、正直、いいの。
なんかね、すっごいね、半人前程度としては認めてもらえたような、自意識過剰でしょうけれどもそんな感じが私には今あって、もう、あーーーーっ絶対に、絵と歌、それからすごくないレコーズ&編集部の活動、がんばろーーーーーーー!!!!!! って、めちゃくちゃモチベーション上がりました。

私、めちゃくちゃがんばる。
ほんとにがんばる。

がんばる!!!!!!!!!!!!!!!!!



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。