自分の障害をプロフィールに書くかどうかすっごい迷ってる話

迷っているんですよね。
このウェブサイトは一応、絵などの活動のポートフォリオになるんですけどね、ADHDという特性、書いとくか、書くまいか。

今までは、隠すことは全くしないのですが、プロフィールにわざわざは書いてこなかったんです。
「障害をネームバリューみたいにしたくない」というのがあって、抵抗あったんですよね。

それに、そもそもまったく珍しいものではないし、それでいて偏見もまだ根強いし、なんか、色んな意味であんまりメリットがないと思って。

職場でもクローズにしてますしね。
とは言ってもキノコファクトリーという活動名義は公開しているし、よくADHDの話はブログ等に書くので多分完全にモロバレしているのですが、はっきり口頭でカミングアウトしたか否かという意味では、クローズです。

職場はめんどくさいのでこのままで行きますが、問題は絵などの活動の方ですよ。

私の場合、全面に押し出すほど重度ではないんだけども、もしもお仕事とかをお受けする場合、先に言っとかないとご迷惑をおかけするおそれがある。

それに、一般職がほとんど上手くゆかないので、こっちもがっつりいきたいんだという意思のアピールとして、ひとつの方法ではあるのかもしれない。

Twitterには、勇気を出して書いてみました。

こう、アール・ブリュットじゃないですけど、そっち枠も考慮に入れてみようかなあ、なんて。
正攻法以外だめだ! と思っていたけれども、自分がラクにいられるフィールドにいたほうが、のびのびやれますしね。

うん、そういう方向で、プロフィール書いてみようかな。

そうそう、これ、今日描いた絵です。
ずばり「syrup16g」。

私のイメージでは、シロップはとてもカラフルなんです。
アートワークは白黒とか単色とかシンプルなものばかりですけれど。

ちょっと彩度上げすぎたかな、まぶしい。

がんばろーっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。