我が家にミシンがやってきた話

そういえばブログに書くのを忘れていたような気がするのですが、ついに、ミシンをですね、買ったんですよ。

最近なにかしら買ってばかりですね。
これで大きな買い物はおしまいです。

14,000円もしましたからね!

IMG_1092

私ねぇ、ミシン、まともに使ったこと、ないんですよ。
遠い昔、家庭科の授業で習ったような気はしないでもないです。

新しい道具が来たら、とりあえず使ってみたいじゃないですか。

でもね、まず第一関門なんですよ。

↑この紙の取り方がわからない。

いや、わからないと言っても、この馬の足みたいなやつを上げればいい、ということは知ってる。それはわかる。
ただ、それの上げ方がわからない。

取説に、書いてない。
たぶん、あまりにも初歩的すぎて、それの上げ方を書いてない。

むりやり引っ張り出して、万が一さっそくぶっ壊れたら、こわい。

確か、どこかに、レバー的なものがあったはず。
遠い記憶が教えている。

そのレバーを探す姿、はじめて火を見た類人猿のごとし。

あった。

そしてですね。
糸をかけないといけないわけですよね。

それで気づいたんです。

糸、買うの忘れたんですよ。

「糸をかけるのがむずかしい、わからない」という話が始まると期待したでしょう。
そのレベルに達していません。
糸がそもそも、ないんですよ。

しかも、ないとか言っといて、結局、探したら一個あったんですよ。

あっか。

あっっっっか

まあでも練習ですから、赤くてもね。いいですよね。

そしてご期待通りに糸の通し方がわからなかったのですが、その点に関しましてはよくあるわからなさというか、とくにおもしろい点のない、結局できてしまうタイプの難しさでしたから、割愛いたします。

そしてついに!

ついに!

できあがりました!!!!!!!

……、……?

これはなんですか?

わからないですね。

私にもわからないです。

「わからないもの」ができました。

ミシンってすごい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。