DeviantArt(海外のイラストSNS)をまじで推したい話

表題の件につきまして、まだ始めて3日目なんですけど、もう既に、めちゃくちゃ推したい自分がいます。

下記が、DeviantArtのURLです。

https://www.deviantart.com/

要は「世界のPixiv」みたいな感じのイラストSNSなんですけれども、特にこれを推したいのは、「そこまで悪い絵じゃないはずなのに、作品を上げども上げどもぜんぜん反応もらえなくて、自信をなくしそうになってるタイプの絵描きさん」です。

いやね、「海外ってなんか怖いんだよなあ」「そういう羽ばたき方したいわけじゃないんだよなあ、国内のノリでいきたい」って思ってたんですよね。
日本っぽい細かいニュアンスとか伝わらない相手に、私の絵、響かなくね? という思いがあったんですよ。

でもなんだろう、日本人の持ってる絵のセンスって、私が思っている以上に、なんというか、認知されているっていうんでしょうか、市民権があるというか、卑屈にならなくても相手はそんなの気にしないで評価してくれるつもりがあるんですよね。なんか。

こちらから、「あっ、この絵いいな!」って思ったイラストにどんどんハートつけていたら、みんなこっちの絵も見に来てくれて、ちゃんと「見てくれたんだ」ってわかる心のこもったコメントとかリアクションをくれて、まだ始めて3日目ですよ、3日目で、もうインスタまでフォローしてくれた方もいたんですよ。

それがもう、すっごい励みになるんですよね。
私のこと全く知らない人が、私の絵をわざわざ見に来てくれて、そしてわざわざなんらかのリアクションをくれるっていうのが。

大げさかもしれないですけど、「私、描いてていいんだ!」ってなるんですよ。

日本人同士だと、どうしても「無言で通じ合う」みたいになっちゃうじゃないですか。
私はそれも好きなんです。その「スッ……(無言で大量のハートを置いていく)」感、すごく好き。それはそれで大切にしたい。

けど、やっぱりそれって、よっぽど自分の軸をしっかり持ってるのでなければ時々さびしくなっちゃうところがあるというか。

それにほら、あれじゃないですか。
教室の中でパッとしなかったとしても、社会に出たらわりとうまくいく人って一定数いるじゃないですか。
それと同じなんだなあ、自分は、自分が思っていたより狭い世界で一喜一憂していたんだなあ、っていう気持ちになったんですよ。

分母を広げると、埋もれてしまって自分がいないようになるかと思ったんですけど。
逆に、分母を広げることによって自分を評価してくれる人があらわれたり、心地よい場所が見つかることもあるんだなあ、と思いました。

いや〜、自分の知ってる世界って、まだまだ狭いんだな〜。
探索がたのしいです。

いえ〜い。

すごいおすすめですよ。DAってみんな呼んでるみたいですね。deviantart。

いろんな画風があるから勉強になるし、自分の絵も見てもらえるし。

ぜひやってみてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。